面接官「特技は紙幣価値とありますが?」

貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。

あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、安心安全を求め、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも解決法としてアリでしょうね。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それから今までの間に、決して急速というわけではないですが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


さらに、これも記憶に新しいことですが、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。


リーマンショックに続き、この経済破綻も市場での金の価格が上がる切っ掛けとして機能したのではないでしょうか。

最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


それが本当に金製であれば、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。

K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だと思えばほぼ間違いありません。

金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度によりその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


身につけなくなって久しい貴金属のネックレスや指輪などをお持ちの方も多いと思います。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。

ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。

その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、金買取を扱うお店も増えてきたので、ネットで情報収集することもお勧めです。

その時の相場に基づいて買取額は決まるため、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。

さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした買取業者は、詐欺や強引な買取のケースが多く、お勧め出来ません。


今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどをどこかに売却したいというときには、注意するポイントがあります。

すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どこに持っていくかによっても鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額はそれぞれ異なっていることです。

ですから、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、損しない売却先はどこか、色々な情報を総動員して判断しましょう。


家のタンスなどに眠ったままの貴金属があれば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって売却金額は変わりますから、ネットで事前に情報を調べて高額買取している店を探してみるのが吉ですね。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取額にも大きな差が出てきますので、事前の情報収集は欠かせません。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、金の表面を少し削り取ることで、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


最近メジャーになっているのが、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、鑑定・査定をしてもらうというもので、査定結果をメールなどで確認したら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。

営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人には嬉しいですね。

金買取がメジャーになった現在では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を取り扱うようになりました。

中でも有力なのが、リサイクルショップですね。

家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、金やプラチナの買取を大きく扱う店も一般的になってきたのです。

金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、専門店と並んで有力な候補になります。