チアゴ・シウバはPSG残留か

パリサンジェルマンに所属するブラジル代表DFチアゴ・シウバ選手が、クラブと契約延長交渉を開始したようだ。


今シーズンここまで30試合に出場し、圧倒的な存在感でパリの最終ラインを支えているチアゴ・シウバ選手。


今夏にパリサンジェルマンと現行契約が満了するが、契約更新交渉は進んでいなかった。


クラブ側が新オファーを提示してこなければ退団もあり得るとし、古巣のACミランや母国フルミネンセへの復帰が報じられてきた。


ところが、1年の契約延長交渉を開始したとのこと。


背景には新型コロナウイルス感染拡大による、財政面への影響があるようだ。


ファイナンシャルフェアプレーの問題も抱えているパリは、今夏の移籍市場の先行きが不透明なこともあり、ベテランとはいえ戦力として十分に計算できるチアゴ・シウバ選手の慰留がベターな選択と考えているそう。