葬儀の種類によって、かかる日数も変わって

葬儀のマナー
葬式・葬儀の意味や流れについてご説明してきましたが、葬儀をとり仕切る上で、一番知っておきたいのが最低限のマナーではないでしょうか。


親族や参列者に迷惑をかけてしまわないためにも、注意や配慮をするべきポイントを事前に抑えておきましょう。


葬儀の日程の決め方
葬儀の日程はどんな葬儀を行うかによって変わってきます。


日程をスムーズに決めるためも気をつけておくべきことは3つあります。


・葬儀の種類を決定する
・葬儀場、火葬場の空き状況を確認する
・親族や僧侶の都合も配慮する
葬儀の種類を決定した上で葬儀場の空き状況を確認し、日程を決めていきます。


同時に火葬場の空き状況も確認しておきましょう。

火葬場が決まらないと葬儀の日程を決めることができません。


また、時期によっては火葬場が混み合うこともありますので、確認を忘れないようにしましょう。


さらに、読経をしてもらう僧侶の都合や親族の都合も葬儀の日程を決める上で重要です。


例えば、故人とつながりが深い親族が海外や遠方に住んでいる場合、移動にかなり時間がかかります。

親族間でも葬儀に関してはトラブルが起きやすいので、葬儀へ間に合うように日程を組むなど、後々のトラブルに繋がらないよう配慮しておく必要があります。