ラーメン屋で隣に座った熟年カップルが大声で切手相場の話をしていた

珍しい切手は紙製であるということから、予想以上に取扱いの際に注意する必要があるものです。


ことさら、熱であったり湿気であったりの影響を受けやすく、高く買い取ってもらうためにも気をつけて保管しなければなりません。


ストックリーフ、またはストックブックのようなものを使って、日の光を避けて保存するようにしてください。


湿気も避けて保管しましょう。

コレクションとして集めるために切手をほしがる人がいるということを発行者も理解していて「切手」というもの自体にはそんなに作るのが難しくもないので折に触れて記念切手が発売されます。


その様な部類の記念切手は高額買い取りをしてもらえることも多いですが記念珍しい切手でも、手に入りやすいものならば高価格での買取になる可能性は低いです。


過度な期待はせず、査定を受けましょう。

きれいに保管されていた古い記念切手などでは、買取価格が思いがけない価格になることもあるのです。

そういった希少価値の高い切手では、第一にしっかり鑑定を行う鑑定買取がベターです。


店頭はもちろんの事、ウェブを利用することもできて、価格が分かった上で、売るかどうか決定することが可能です。


お札が破れたら銀行で交換してもらえるというのは知っている人も多いと思いますが、それならば切手が破れたらどうすればいいのでしょう。

実は郵便局は破れた切手を交換してはくれません。


それならば、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、破れ方が極端な場合は使えませんが、ちょっと破れたぐらいで、額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならちゃんと使えることが多いです。


ですが、買い取ってもらうというのは不可能に近いと思われます。


毎年お年玉つき年賀はがきで年賀切手が当たるので、気がつくと意外に貯まっていました。


私は、はがきを使うことはあっても封書は出さないので、切手を貼るような郵便は出さないまま、切手は使わないままだったのです。


いつも通るところに金券ショップがあったので、貯めておいた切手を休みの日に持っていきました。


簡単な書類を読まされ、運転免許証を調べられましたが、使わない珍しい切手を引き取ってもらい、お金ももらえたのでラッキーと思いました。

この切手はいくらで売れるか、額面以外の付加価値を考えたとき売りたい人と買いたい人との関係で少しのことで変わっていくので他の市場と同じく、一定していません。

そんな中で、自分が切手を買い取ってもらうとき、高い買い取り価格をつけてほしいと思わないわけにはいきません。

それなら切手の買取価格をこまめに調べる努力をするか買取店に行き、何回でも査定をお願いするなどと粘ってみるしかありません。

買い取ってもらう予定で切手を業者に鑑定してもらっても、買い取ってもらう価格が思ったような金額ではなかったときや、思い出のある珍しい切手だった時、結局、持っておきたいと思う可能性もあります。

評価してもらってから買い取りってもらうのをやめる場合でも、業者の中には、「キャンセル料は頂きません」というところもあります。


買取の手続きをするケースはあらかじめ、見てもらうだけでお金がかかるのかどうか、査定後にキャンセルした場合、料金はとられるのかなどを確認することが重要です。


普通は切手の値段自体はものすごく高い値段になるということはあまりなく普通の枚数の切手を買取に出した際、税金の心配をする必要はないです。


しかし、数ある切手のうち、特に貴重で額面より高く売れるものが存在し、まとめてそれらを売ろうとすると予想を上回る値段になってもしかしたら税金の申告をしなければならなくなるかもしれません。

珍しい切手を高く買い取ってもらいたければ、当然汚れのないきれいなものの方が高く買い取られることになります。

そういう理由で、良好な保存状態を保ち、珍しい切手を取り出すときはピンセットを使うなど取扱いは丁寧に、保存状態は良好に保ちましょう。


普段から保管方法に配慮して汚れが付いたりしないようにすることが肝要です。

使用する予定のない切手を「売りたい」という人も多くいると思います。

その様な時には買取のお店に送って鑑定を受ける、という方法があります。

使い道がなければ買い取ってもらいましょう。


案外、高額買取されるかもしれないですよ。


是非試してみましょう。