ドラフト候補の回転数

現在MLBを始めとして、ボールの回転数が非常に重要視されています。


ボールの回転を分析することで、そのボールの球質がわかるからです。


例えばストレート。


先日引退を表明した藤川球児は火の玉ストレートと呼ばれる浮き上がるような球質が特徴です。


その為、打者が狙っていても当たることするない魔球と言われています。


この球質も回転の分析をすることで、何がすごいのかがわかります。


まずは回転数が多いという事です。


MLBではストレートの回転数平均は2200rpm台と言われていますが、藤川球児は2600rpm以上に達するといわれています。


さらに、回転軸が重要です。


ボールの回転する軸が地面と水平かつ、進行方向と垂直であればあるほど揚力が発生します。


藤川球児の回転軸は地面と水平に近くなっているようです。


こした回転を見ることで、その投手が投げるボールの球質を客観的データにより評価できるようになるのです。


MLBではオープン戦やプレイオフを含めた全試合全球をスタットキャストというシステムで計測してデータを公開しています。


その為、例えばダルビッシュの何が良いのか?変化量はどのくらいあるのか?という事がすべて誰にでもわかってしまうのです。


対して日本は、広島以外のチームはトラックマンと言われる弾道計測器で計測はしているものの、このデータを球団が上手く使っているという情報は出ていません。


また、データもNPBによって公開されているわけではないので、日本人選手のデータはあまり出回っていないのが現状です。


しかし、こういったデータをMLBのように公開すれば、野球ファンの新たな楽しみが増えるし、なぜあの選手が活躍しているのかがわかることで、他の選手のヒントになったりと、必ずプロ野球の将来にプラスになると思います。


さて、この回転データですが、客観的に球質を評価できるので、選手を分析するにはうってつけです。


なので、ドラフト候補を計測すれば、面白いのではないかと思います。


スカウトは基本的にバックネット裏から視察しますが、正直なところ、あんな遠くからわずか数cmの違いを見分けるのは不可能で、基本的にはバッターの反応などで判断せざる得ません。


その為、将来性やポテンシャルを見極める、くらいしかできないでしょう。


ここで活用してほしいのが回転データです。


スカウトの目と回転データを参考にすれば、かなりの確率であたり選手を見つけられると思います。


是非、プロ野球のスカウト陣は回転データを計測して、ドラフトの成功率上昇につなげてほしいですね。


実際に、素人のようですが、ドラフト候補の回転数計測を行っている方がいました。


https://hiros-lab.com/
このサイトを見ると、2019年ドラフト候補の回転数データが載っています。


合せてyoutube動画を見ることで、回転軸も確認できます。


ざっと見たところ、回転数と回転軸が良いのは圧倒的に広島の森下です。


そして森下は競合無という下馬評からは考えられないくらいの素晴らしい活躍をしています。


すでに広島のエースと言っていい活躍で、セリーグでも屈指の安定感です。


もし、スカウト陣が回転データを把握していたなら、必ず競合になっていたでしょう。


データが無い中で森下を単独指名した広島スカウト陣の見る目は確かなものなのでしょうね。


そして気になるのはドラフト2020です。


サイトにはドラフト2020のデータも載っています。


一位候補とされている選手を抜粋させて頂くと、
村上頌樹:2,637
山崎伊織:2,483 → けがにより社会人へ
早川隆久:2,455
栗林良吏:2,432
伊藤大海:2,336
木澤尚文:2,336
あたりでしょうか。


これを見ると、2016年春の選抜で優勝投手となった村上がダントツに良いですね。


実際にyoutube映像を見ると、回転軸も抜群に良いです。


ストレートは広島の森下よりも完全に上のレベルで、冒頭の藤川球児級であることがわかります。


最速が150km/hに達していないので、スカウト評価はそこまで高くないようです。


もし、この選手が1位で指名されないとなると、球質の良さはバックネット裏からはわからない、とうことを証明したようなものです。


ドラフトの動向と、来年の村上の活躍が楽しみですね。